足の不調がある方は、まずエコー検査を

下肢静脈瘤は、2014年6月の保険適用をきっかけに手術しやすくなり、扱う病院も増えてきました。中野下肢静脈瘤クリニックは、名前の通り下肢静脈瘤に特化したクリニックであり、最新の機械、新しくてきれいな院内、院長やスタッフの人柄の良さで、快適に診察を受けることができます。

静脈瘤が目立ってくると、足の露出の低い服を選びがちになり、プールや温泉などに遊びに行くのも人の目が気になる人が多いのではないでしょうか。また、血管の色や筋が目立つほど浮き出ていなくても、下肢静脈の弁が壊れて血行不良を起こし、浮腫、こむら返り、シミなどの原因になっていることがあります。

中野下肢静脈瘤クリニックは、エコー検査で簡単に弁の検査をしてくれるので、悩んでいる人はぜひ気軽に診察を受けてみてください。症状が軽ければ硬化療法の注射を打つだけですみますし、高周波治療でも手術は1時間程度。局部麻酔をして針穴からカテーテルを通すだけで、手術後すぐに歩くことができます。静脈のぼこぼこや色が薄くなっているのがすぐに確認できるので、手術して良かったとうれしくなる人が多いようです。

実際に、中野下肢静脈瘤クリニックのオフィシャルブログでは、患者の喜びの声と持って来られた差し入れの写真を、井上院長が紹介しているのを見ることができ、手術や対応に満足されていることが伺えます。足がきれいに、軽くなると、お出かけするのも楽しくなりそうですね。

PAGE TOP▲